腰の痛み

現在日本国内には2800万人もの方が腰痛に悩まされているというデータがあります

そして、その85%は画像所見(レントゲン等)にて異常所見が同定出来ない原因不明の腰痛と言われています

それらの腰痛は機能的腰痛といわれ、身体の機能低下から生じる腰痛であり、機能低下を及ぼしている部位、原因を理解することが腰痛解消に向けての初めの1歩となります

「正しい治療は正しい理解(診断)の元に可能」であり、当院では画像所見で異常がみつからない機能的腰痛に対しても原因同定の為の分類を行い、「湿布を貼るだけ」「マッサージをするだけ」ではない腰痛治療を心がけています

また、画像所見で異常がある腰痛に対しても整形外科医と連携を取りながら治療をすすめています

 

腰痛は自分の身体に何が起きているのかをまず知り、理解することが第1歩です

ささいなことでも構いませんので、気軽にご相談ください

機能的腰痛の分類

当院では腰痛を

①椎間板性疼痛

②椎間関節性疼痛

③筋性疼痛

④仙腸関節性疼痛

⑤神経性疼痛

の5つに分類しています

 

腰部にも骨、関節、軟骨、筋肉、神経等の組織があり、損傷の仕方によって痛む箇所が異なりますし、勿論治療方法もそれぞれ変わります

背骨の椎間板が痛いのにマッサージで筋肉を緩めるだけでは治療効果に疑問が残りますし、仙腸関節(骨盤の関節)の不安定感から痛みがきているから、安定感を出したいのにストレッチで筋肉を緩めるだけでは不十分と感じます

 

まずは痛みの部位を同定し、痛みに対して適切なアプローチをしていくことが重要です。上記の5分類はどのような特徴があるのか1つずつ確認していきましょう

 

 

①椎間板性疼痛

椎間板は背骨の骨と骨の間にある軟骨組織の名称です

重いものを持ち上げたり、ジャンプ着地したりと椎間板部に衝撃が加わり生じる腰痛です

軟骨損傷が生じると、該当部を修復するため血管と神経が入り込み、そこに刺激が加わると痛みを感じます

【特徴】

・前屈で脊柱付近の疼痛増強

・朝方痛みが強い

・座位持続姿勢で疼痛増強

・後屈時は痛みが生じないことが多い

 

【アプローチ】

 脊柱の伸展可動性を獲得するためのマッサージや腹背筋群の筋力強化、股関節周囲筋(特に大腿部後面筋

群)ストレッチ、腰椎インナーマッスル強化等運動療法を取り入れながら加療いたします

 

 

②椎間関節性疼痛

腰部椎間関節は背骨の後方にある突起と突起が重なり合う部分の関節です

腰椎に負荷のかかる動きや、捻り動作等で関節を捻ると椎間関節部に疼痛が生じます

 

【特徴】

・後屈(腰を反らす動作)で脊柱付近に疼痛増強

・局所的な痛み(指一本で表せる程度)が脊柱付近にある

・立位持続や休息後の急な動きで疼痛増強

・前屈時は痛みが生じないことが多い